やっぱり吹奏楽は最高!(コンクール課題曲の話)

新元号「令和」初投稿です。「平成→令和」、「H→R」の書き換えはまだ完了しておらず、ぼちぼち対応しています。それ以外は相変わらず、帰宅後の眠気と闘いながら少しは勉強を続けている毎日です。仕事はいろいろあるけど総じて楽しい、といったところ。幸せなことです。

さて、先日職場の同期と今年の吹奏楽コンクールの課題曲の話をしました。同期も私も吹奏楽部経験者。吹奏楽の話で盛り上がるのは楽しい!その日のうちに某動画サイトで全曲視聴しました。第一印象は、

Ⅰ:“Ⅰ”っぽい!
Ⅱ:マーチだなあ。
Ⅲ:ふくしまさんやん!○○っぽいと思うところがいくつか。式典行進曲っぽい。
Ⅳ:「道標」のわりに軽いな!自分はこういうマーチが好き、聴くのは。吹くのはきっと苦手。
Ⅴ:自由曲始まった!?

「“Ⅰ”っぽい」という感想は吹奏楽経験者の方なら共感していただける方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎年Ⅰは“かっこいい枠”だと思っている私です。そして今年もまんまとハマりました。ちょろい。

やっぱり吹奏楽はいいですなあ。今年の地元の支部大会はなんと自県開催ではありませんか!ラッキー!聴きに行ってみようかな?

「あんたがたどこさ」の主題による幻想曲 / 林大地

Comments are closed.